新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

里御嶽

さとうたき

島民の信仰の中心地で、眺望の良い景勝地

東側の集落の北にある標高約80mの小高い丘の上にあるのが里御嶽です。「里殿(さとどぅん)」「ヌル殿内(ぬるどぅんち)」と呼ばれる拝殿があり、島民の信仰の対象となっています。里御嶽に続く長い階段を上ると、次第に視界が開け、渡名喜島の集落や美しい海、沖縄本島や久米島を眺めることができます。また、1978年にこのエリアの発掘調査が行われ、建物跡や土器、陶磁器、鉄釘などが発見されました。14~15世紀頃の遺跡だということがわかっています。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2018.04.25

基本情報
  • 住所

    沖縄県島尻郡渡名喜村

  • ウェブサイト

  • アクセス

    渡名喜港から徒歩約20分

  • 駐車可能台数

    あり

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする