新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

長幕(崖壁及び崖錐の特殊植物群落)

ながはぐ(がいへきおよびがいすいのとくしゅしょくぶつぐんらく)

賛助会員

島の特異な地形は植物の宝庫。貴重な群落は天然記念物。

環礁が隆起してできた北大東島(きただいとうじま)は、その名残りとして、島の内陸部を環状に取り囲む隆起珊瑚礁地帯が見られます。その一帯は「長幕(ながまく)」と呼ばれ、
中でも南部の約1.5kmは屏風を立てたように続いています。島のほとんどがサトウキビ畑などに開墾される中、長幕周辺は特異な地形をなしていたことから開発されず、
ダイトウビロウ、ダイトウセイシボクなど貴重な植生が残されており国指定天然記念物になっています。特に1972年に発見されたヒメタリワタリは、
琉球列島にはないといわれていたもので、植物地理学上、大きな話題となりました。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2018.04.06

基本情報
  • 住所

    〒901-3902 沖縄県島尻郡北大東村

  • 電話番号

  • ウェブサイト

  • アクセス

    ■那覇空港から飛行機で約1時間10分

    ■北大東空港から車(一般道)で約10分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする