新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

喜如嘉板敷海岸の板干瀬

きじょかいたじきかいがんのいたびし

板状の岩が何枚も重なりあって続く、自然のいたずら。

喜如嘉(きじょか)集落の南側の海岸にあります。砂浜に沿って1kmにわたり、厚さ6~30cmの板状の岩が何枚も重なりあって、まるで板を敷いたように見えます。この岩はビーチロックと呼ばれ、炭酸カルシウムのセメント作用により、砂、れき、岩石などが固結したものです。熱帯から亜熱帯のサンゴ礁海岸特有の岩で、沖縄では板干瀬と呼んでいます。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2016.02.15

基本情報
  • 住所

    〒905-1303 沖縄県大宜味村喜如嘉

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で約150分

    ■沖縄自動車道 : 許田ICから車(一般道)で約80分

    ■路線バス : 第一喜如嘉バス停から徒歩で約5分
    停車バス : 67番辺土名線(沖・琉)

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

エリア

公式SNSをチェックする