新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

上比屋山遺跡(県指定史跡)

ういびゃーやまいせき

中国との交流によってもたらされた陶磁器類も出土した集落遺跡

上比屋山遺跡は砂川集落の南、高さ40m琉球石灰岩の丘陵地上に形成された14~15世紀頃の広大な集落遺跡で、内部には数カ所の拝所があります。

遺跡からは大量の地元産土器の他、青磁や白磁など中国製陶磁器が出土しています。特に青磁が多く、その解釈をめぐって「倭寇の根拠地」説・「貿易で栄えた港町」説・「貿易の中継基地」説などがあります。

拝所を中心にして上比屋山全体が神聖化され、現在にいたるまで崇敬されています。沖縄県の史跡文化財に指定されています。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.11.18

基本情報
  • 住所

    〒906-0108 沖縄県宮古島市城辺字砂川

  • ウェブサイト

  • アクセス

    ■宮古空港から車(一般道)で約25分

    ■平良港から車(一般道)で約40分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする