新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

安慶名城跡(国指定史跡)

あげなじょうせき

自然の地形を巧みに利用してつくられた山城。

安慶名グスクは、14世紀頃、安慶名按司(あじ:領主的豪族)が築いたといわれています。琉球石灰岩の丘を取り囲むように外廊をめぐらした、沖縄ではめずらしい輪郭式の城で、国指定史跡になっています。周辺は、安慶名中央公園として整備され、城跡一帯は桜の名所にもなっており、1月下旬には寒緋桜(カンヒザクラ)が咲き誇ります。また、公園内のうるま市営安慶名闘牛場では、全島闘牛大会などの各種闘牛大会が開催され、熱戦が繰り広げられています。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.10.18

基本情報
  • 住所

    〒904-2214 沖縄県うるま市字安慶名亀甲原

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で約60分

    ■沖縄自動車道 : 沖縄北ICから車(一般道)で約30分

    ■路線バス : 旧安慶名バス停から徒歩で約10分
    停車バス : 77番名護東線(沖)/21番名護東線(琉)/63番謝苅線(琉)/90番知花線(琉)/263番謝苅(おもろまち)線(琉)/290番知花(おもろまち)線(琉)

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする