沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

天女橋

てんにょばし

方冊蔵経(ほうさつぞうきょう)を収めた堂とともに創建されたアーチ橋。

円鑑池(えんかんち)の北岸から中島へ架かる橋です。1467年に朝鮮から贈られた方冊蔵経(ほうさつぞうきょう)を収めるため、1502年に堂とともに創建されたといわれます。高欄付石造アーチ橋で、橋台は石灰岩の切石を布積みし、拱石は長い石を2枚と3枚継ぎとして梁石は長尺ものを用いています。中国南部地方に多い、駝背橋(らくだの背中に似た橋)の形式の特徴を持つ橋です。沖縄には、戦前まで各地にこのようなアーチ橋が見られました。
  • 最終更新日:2020.03.11 
  • ※料金や情報は、変更となる場合があります。
  • 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。
住所 〒903-0812 沖縄県那覇市首里当蔵町1-2
アクセス ■那覇空港から車(一般道)で約40分

■沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で約25分

■路線バス : 当蔵バス停から徒歩で約3分
停車バス : 1番首里識名線(那)開南廻り/1番首里識名線(那)牧志廻り/14番泊線(那)首里向け/14番泊線(那)三重城向け/17番石嶺開南線(那)首里向け/17番石嶺開南線(那)三重城向け/46番糸満西原線(那)糸満向け

■沖縄都市モノレール : 首里駅から徒歩で約20分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

沖縄で定番・おすすめの観光スポット

旬のおすすめPick Up

ローカルNEWS

観光ニュース

お知らせ

マハエのダイアリー

ページをシェアする