新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

知念城跡(国指定史跡)

ちねんじょうあと

かつては国王や聞得大君も参詣した丘陵の霊地。

東西に連なる二つの郭からなり、東側を古城(クーグスク)、西側を新城(ミーグスク)と呼んでいます。
創建については不明ですが、13世紀から利用されたグスクとみられています。城内には国王や聞得大君(きこえおおきみ)が「東御廻り(アガリウマーイ・東方巡幸)」の時に参詣した拝所「友利之嶽(トモリヌタキ)」や、火の神(ヒヌカン)があります。明治期までは知念間切の番所(役所)が置かれていました。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.10.19

基本情報
  • 住所

    〒901-1513 沖縄県南城市知念字知念上田原

  • 電話番号

  • ウェブサイト

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で約60分

    ■沖縄自動車道:南風原南ICから車(一般道)で約40分

    ■路線バス:久美山バス停から徒歩で約20分
    (停車バス:38番(東洋バス)、Nバス(南城市内線)A)

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする