新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

海洋博公園・おきなわ郷土村 おもろ植物園

かいようはくこうえん・おきなわきょうどむら おもろしょくぶつえん

賛助会員

琉球王国時代へタイムスリップ。17~19世紀の沖縄の人々の生活を体感。

17~19世紀の沖縄の村落を再現したエリア。赤瓦屋根を使用した沖縄の伝統的な民家で、地元のおばあたちと三線や踊り、ゆんたく(おしゃべり)が楽しめる「昔のおきなわ生活体験」を毎日無料で開催しています。
おもろ植物園には、沖縄最古の歌謡集「おもろそうし」に登場する植物が植栽展示されています。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2017.05.01

基本情報
  • 住所

    〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地(海洋博公園内)

  • 電話番号

  • FAX番号

    0980-48-3339

  • ウェブサイト

  • 営業時間

    おきなわ郷土村 おもろ植物園開園時間
    【3月~9月】8:30~19:00
    【10月~2月】8:30~17:30
    ※入館締切は閉園の30分前

  • 休業日

    12月の第一水曜日とその翌日

  • メニュー・料金

    沖縄の古い集落を再現した「おきなわ郷土村」で活躍するのは、元気いっぱいの「村民」たち。地元「本部町」のおばぁたちが、昔ながらの沖縄のチムグクル(真心)で、楽しく来園者をおもてなしします。 朝夕の掃除やお菓子を片手に楽しむゆんたく等、そこにあるのは、ゆったりとした沖縄の暮らしです。懐かしくあたたかい、昔の沖縄をぜひお楽しみください!

    【日時】
    毎日 10:00~16:00
    (※15:30 三線体験受付終了)
    【場所】
    おきなわ郷土村
    地頭代の家(ジトゥデーヌヤー)
    【料金】
    無料
    【実施内容】
    (1) お茶菓子(黒糖など)の無料配布
    (2) 三線演奏体験
    (3) 伝統的な踊り体験と子ども向け遊戯体験

  • アクセス

    沖縄自動車道:許田ICから車(一般道)で約50分
    路線バス:那覇空港から高速バス(111番)で名護バスターミナルへ。
         名護バスターミナルより路線バス65番、66番、70番に乗換、記念公園前下車。
    ※詳しくは、海洋博公園HP「アクセス」欄をご覧ください。

  • 駐車可能台数

    約1900台(海洋博公園全体)

  • 駐車場備考

    無料

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする