新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

名護のひんぷんガジュマル

なごのひんぷんがじゅまる

賛助会員

300年以上にわたって名護の町を見守ってきたヒンプンに見立てられたガジュマルの木。

名護市の商店街の入口にたたずむ推定樹齢300年という国指定天然記念物のガジュマルの木。高さ19mの大木は、隣に立つ「三府龍脈碑(さんぷりゅうみゃくひ)」の形がヒンプン(屋敷の門と母屋の間に立てるついたて)に似ていることからそう呼ばれるようになりました。
ヒンプンには、外から敷地内が見えないようにする役目があると同時に、悪霊や災難が入り込まないようにするという意味もあり、名護の町に災難が入り込まないよう祈る地元住民の信仰の対象となっています。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2016.02.17

基本情報
  • 住所

    沖縄県名護市

  • 電話番号

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で100分
    ■沖縄自動車道 : 許田ICから車(一般道)で15分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

エリア

公式SNSをチェックする