新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

ケラマジカ生息碑

けらまじかせいそくひ

日本最南端に住む、天然記念物のケラマジカ

ケラマジカは、慶良間諸島にだけ生息するシカです。
生息場所は、慶留間島、阿嘉島、外地島、無人島の屋嘉比島。生息地として指定された記念碑が、集落の手前、山の入口に建てられています。
本州にいるシカより頭や角が小さいのがケラマジカの特徴。もともとは鹿児島県から連れてこられたシカが野生化し、亜熱帯の気候に適応したと考えられています。基本的に夜行性ですが、昼間でも出合えることがあります。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2018.04.25

基本情報
  • 住所

    〒901-3312 沖縄県島尻郡座間味村字慶留間

  • アクセス

    阿嘉港から自転車で約25分

  • 駐車可能台数

    無し

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする