新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

旧円覚寺総門(県指定有形文化財)

きゅうえんかくじそうもん

尚真王が父王の霊を祀るために建立した、第二尚氏王統歴代の菩提寺の総門

円覚寺は琉球における臨済宗の総本山でした。尚真(しょうしん)王が父王の霊を祀るために1492年から3年がかりで建立したと伝えられます。以後、第二尚氏王統歴代の菩提寺でした。総門は、その第一門で、正面石牆中央にあります。三間二面、一戸・単層・入母屋造本瓦葺きの八脚門で、中央一間に両開桟唐戸を設けてあり、正面部分は吹き抜けで、その左右に仁王像を安置していました。沖縄戦で破壊されましたが、昭和43年より整備が進められました。

施設情報

※料金や情報は、変更となる場合があります。 最新情報は、ご利用前に各施設にご確認下さい。

最終更新日:2021.10.19

基本情報
  • 住所

    〒903-0812 沖縄県那覇市首里当蔵町

  • 電話番号

  • FAX番号

    0980-886-2022

  • ウェブサイト

  • アクセス

    ■那覇空港から車(一般道)で30分
    ■沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で10分
    ■路線バス : 首里城前バス停から徒歩で3分
     停車バス : 1番首里識名線、14番牧志開南循環線、17番石嶺開南線、46番糸満西原線
    ■路線バス : 首里城公園入口バス停から徒歩で1分
     停車バス : 7番・8番首里城下町線、ゆいゆい号
    ■沖縄都市モノレール : 首里駅または儀保駅から徒歩で15分

地図

施設ルートや、周辺観光情報を確認することができます。

表示エリア・カテゴリ・テーマ

公式SNSをチェックする