沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

【3/1更新】新型コロナウイルス感染症について

緊急事態宣言から再発警戒段階への移行について~警戒レベルの第2段階への引き下げに向けて~

新規感染者数や療養者数の減少等、収束に向けた改善傾向が確認できることから、警戒レベルを第3段階に引き下げ、沖縄県緊急事態宣言は2月28日をもって終了します。これに伴い、営業時間短縮要請も同日をもって終了します。
警戒レベルを第2段階まで引き下げることを目標に「新型インフルエンザ等対策特別措置法」及び「沖縄県新型コロナウイルス感染症等対策に関する条例」に基づき、3月1日以降の対処方針を下記のとおりとしますので、県民、事業者及び来訪者の皆様にはご協力をお願い致します。

1.会食による感染拡大に対する注意

会食を行う場合は、2時間以内・4人以下とし、なるべく同居家族や親しい方など普段一緒にいる方でお願いします。
その際は、シーサーステッカー等を掲示した店舗を利用し、対面では座らない等の感染予防対策に留意し、なるべく混雑していないお店の利用をお願いします。
・飲食中はなるべく会話を避けていただき、飲食時以外はマスクの着用をお願いします。
・カラオケは、換気の徹底やアクリル板の設置など、特に感染防止対策の徹底されたお店を利用し、マスクの着用を忘れずにお願いします。

2.「新しい生活様式」及び「新しい旅のエチケット」の実践

マスクの着用、こまめな手洗い・手指消毒、3密(密閉・密集・密接)の回避等の「新しい生活様式」及び「新しい旅のエチケット」を徹底した上で行動してください。高齢者と会う場合には、特にご注意をお願いします。
・外出は、空いた時間と場所を選び、特に平日・休日ともに混雑した場所での食事等は控えてください。
・卒業旅行をはじめとする大人数の旅行は、なるべく控えるようにしてください。なお、修学旅行については、「沖縄修学旅行 防疫観光ガイドライン」に基づく行動をお願いします。
・毎日体温測定するなど健康管理を行い、体調不良時には仕事や学校を休み、外出を控えるとともに、かかりつけ医やコールセンター(098-866-2129)にご相談ください。

3.県外との往来について

国の緊急事態宣言が発令された地域(1都3県:東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)には、不要不急の外出自粛要請が出されていますので、当該地域との不要不急な往来については、自粛をお願いします。(3月1日時点)
・その他の地域については、事前の十分な健康観察と感染防止対策の徹底をお願いします。体調不良の際には来県の中止または延期をお願いします。
・事前に出発地においてPCR検査若しくは抗原検査を受検し、陽性の場合は出発を中止または延期してください。来県前にPCR検査が受けられなかった場合に備え、那覇空港においても希望する方はPCR検査が受けられる体制「NAPP(Naha Airport PCRtest Project)」を整備しています。

 

那覇空港PCR検査プロジェクト(NAPP)について

沖縄県では、やむを得ない諸事情により渡航前のPCR検査を受けられず渡航される方で希望者を対象に、那覇空港において、事前申込でPCR検査を実施します。
那覇空港PCR検査プロジェクト(NAPP)について

4.離島との往来について

来島自粛を求めている離島との往来は自粛をお願いします。
その他の離島についても、離島の医療体制は脆弱であることから、本島と離島間、離島と離島間の移動については、事前の十分な健康観察と感染防止対策の徹底をお願いします。体調不良の際には移動の中止または延期をお願いします。
・離島へ行く方は、お近くのPCR検査センターや「NAPP」において出発前の受検を推奨します。


その他特別対策の内容についてはこちら
緊急事態宣言から再発警戒段階への移行について~警戒レベルの第2段階への引き下げに向けて~

沖縄県では旅行者と県民の皆様の安全・安心を守るため、感染予防・拡大防止に取り組んでおりますので、来県に当たっては「新しい生活様式」の徹底をお願いします。 皆様のご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い致します。
沖縄へお越しの旅行者のみなさまへ

また、県内離島への渡航にあたっては、離島の医療体制は脆弱であることから、マスクの着用など、新型コロナウイルス等の感染防止対策を徹底して頂きますとともに、体調不良の場合は、渡航の延期をご検討ください。
なお、来島自粛を求めている離島もあることから、渡航先の受け入れ状況等を各離島市町村のウェブサイト等でご確認のうえ、渡航の是非について適切にご判断頂きますようお願いします。
沖縄県の各離島における渡航・受入に関する情報

わたしたちも皆さんの安全と健康が守られることを最優先と考え、心を一つにしてコロナウイルスに立ち向かっていきます。
今世界の為に耐え忍び、戦いつづけている皆さんにエールを送ります。

沖縄県では、感染予防策などの他、新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口を下記の通り設置しております。
新型コロナウイルスにうつらない、うつさないためには、咳エチケットや手洗いなどの予防がとても重要です。
ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い致します。
新型コロナウイルス感染症関連情報(OCVB公式サイト)

沖縄県における新型コロナウイルス感染症発生状況

おきなわ物語 関連リンク​

日本人の方​

・TACO(旅行者専用相談センター)

発熱が認められた場合は旅行者専用相談センターにお電話ください。
【電話番号】:098-840-1677
【営業時間】:6:00~23:00(無休)
※台風発生時は、時間短縮や閉館になる場合もございます。
※一般的な問い合わせに対しては、下記コールセンターにお問合せ下さい。

・新型コロナウイルス感染症 相談窓口 コールセンター

【電話番号】:098-866-2129
【受付時間】:平日・休日を問わず24時間対応
※一般的な問い合わせに対しては、コールセンターで回答いたします。
※内容を確認した上で、詳細な問い合わせ等に関しては、担当課の電話番号を案内(または転送)します。
感染予防対策、県の流行状況に関しては沖縄県地域保健課で回答いたします。

・沖縄県保健医療部地域保健課

【電話番号】:098-866-2215
【受付時間】:平日・休日を問わず9:00~18:00

【関連リンク】

沖縄県 新型コロナウイルス感染症について(観光客の皆様へ)
沖縄県 新型コロナウイルス感染症について(一般の方へ)
厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
JNTO 日本を安心して旅していただくために

沖縄旅行中の外国人の方へ

・Be.Okinawaインバウンド医療通訳コールセンター

【電話番号】:0570-050-235
【受付時間】:24時間毎日対応
【対応言語】:英語、中国語(北京語・広東語)、韓国語、スペイン後、ポルトガル語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、フランス語、ネパール語、マレー語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語(16か国語)
※救急搬送が必要でない外国人観光客に関して、電話にて症状等の聞き取りを行い、助言および外国語対応可能なクリニック等への案内を行います。

【関連リンク】

・厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
 (ENGLISH) (中文版
JNTO Multilingual Visitor Hotline(PDF)

ページをシェアする