新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

タマン稚魚の放流イベントが開催されました!

更新日:
2021.07.26
7月18日、名護市にあるブセナ海中公園で「タマン稚魚の放流イベント」が行われました!


ザ・ブセナテラス及びブセナ海中公園の共同主催で開催された本イベントは、毎年「海の日」に合わせてブセナビーチにて開催されていますが、今年はオリンピックによる祝日変更のため、この日に開催されました。


「タマン」は和名が「ハマフエフキ」という魚で、沖縄では高級魚として人気のある魚です。今回、タマン稚魚の放流を行う前に、職員の方から、「タマン」の生態や注意事項等に関する説明があった後、地元の子供たちやホテルの宿泊されているお客様と一緒にタマン稚魚を放流しました。




今回のイベントでは、計2,000匹のタマン稚魚を放流しました。


今回放流した魚達が大きくなってブセナ海中公園に戻ってきてくれることを期待します!


また、今回のイベントでは海の危険生物の展示も行っていました。


ブセナ海中公園では、360度海中のパノラマを楽しめる「海中展望塔」や、海の上を歩いているような海中散策ができる「グラス底ボート」など、たくさんの海の生き物に出会える体験を用意しておりますので、お子様連れのファミリーにもおすすめの施設となっております。是非ご家族やお友達を誘って訪れてみてはいかがでしょうか。


【関連リンク】
ブセナ海中公園(おきなわ物語/施設情報)
ブセナ海中公園(公式サイト)

公式SNSをチェックする