沖縄まるわかり
特集
モデルコース
イベント
スポット・サービス
グルメ
宿泊情報
交通アクセス

本島のバス・高速船

沖縄本島の手軽な移動手段として利用できる「バス」

沖縄本島には快適な旅のお手伝いをする各種バスが運行されています。
空港から観光スポットへ行ける「高速シャトルバス」、空港からホテルへ直行する「空港リムジンバス」、人気の観光スポットを効率よく巡る「定期観光バス」、島全域を網羅している「路線バス」、道路の混雑を避けるなら「高速船」などを上手く利用してください。

anchor

沖縄本島中北部を観光するなら「高速シャトルバス」

那覇空港から沖縄本島中北部の主要スポットへ行くなら高速シャトルバスが便利です。
レンタカーで慣れない道を運転するのが心配な方や、レンタカーを借りる予定のない方に最適な交通手段です。
定期観光バスよりリーズナブルに目的地まで行くことができます。

やんばる急行バス

那覇空港~運天港
  • 【停留所数】9~31
  • 【便数】1日往復12便
  • 【主な停留所と料金】
  • ・道の駅許田:1,550円
  • ・本部港:1,850円
  • ・美ら海水族館:2,000円
  • ・今帰仁城跡入口:2,100円
  • ・運天港:2,000円

沖縄エアポートシャトル

那覇空港~備瀬フクギ並木入り口
  • 【停留所数】6~15
  • 【便数】1日往復13便
  • 【主な停留所と料金】
  • ・おんなの駅:1,400円
  • ・本部港:1,800円
  • ・ハナサキマルシェ前:2,000円
  • ・沖縄美ら海水族館:2,000円
  • ・備瀬フクギ並木入り口:2,000円

カリー観光

那覇空港~ホテルオリオンモトブリゾート&スパ
  • 【停留所数】12
  • 【便数】1日往復2便
  • 【主な停留所と料金】
  • ・ハナサキマルシェ前:2,000円
  • ・海洋博記念公園:2,000円
  • ・ホテルオリオンモトブリゾート&スパ:2,000円
那覇空港~ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷
  • 【停留所数】8~10
  • 【便数】1日往復9便
  • 【主な停留所と料金】
  • ・アメリカンビレッジ前:800円
  • ・ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷:800円
  • ※上記は2019年6月現在の情報です。
  • ※那覇空港からの料金です。
  • ※便によっては始点・終点が異なる場合や停車しない停留所があります。

anchor

リゾートホテルへ直行するなら
「空港リムジンバス」

那覇空港から沖縄本島中北部の主要リゾートホテルへ直行するなら空港リムジンバスが便利です。
沖縄旅行の初日、ホテルでゆったりと過ごしたい人に最適な交通手段です。

ご利用の場合、空港リムジンバスは予約制ではないため、チケット購入前に満席になってしまう場合があります。お目当てのバスに乗車したい方は早めに乗り場へ行くことをおすすめします。

  • 【Aエリア】北谷・宜野湾コース(ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート行)
  • 【Bエリア】読谷・恩納コース(ホテル日航アリビラ沖縄行)
  • 【Cエリア】西海岸・恩納南コース(ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄行)
  • 【CDエリア】西海岸・恩納・名護コース(Cエリア・Dエリア経由名護バスターミナル行)
  • 【Dエリア】西海岸・恩納北・名護コース(名護バスターミナル行)
  • 【Eエリア】名護・本部コース(ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行)
  • 【DEエリア】西海岸・恩納北・名護・本部コース(Dエリア・Eエリア経由ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行)
  • ※上記は2019年6月現在の情報です。
  • ※各ホテルでシャトルバスを運行している場合もございます。ご利用の宿泊施設へお問い合わせください。

anchor

人気スポットを効率よく観光するなら
「定期観光バス」

沖縄のみどころスポットを効率よく回るなら「定期観光バス」がおすすめ。
混雑時は予約済みの方を優先するため、事前に予約することをおすすめします。空席がある場合は当日予約が無くても乗車できます。また、期間限定で運行している観光バスもあるので、各バス会社へお問合せください。

美ら海水族館と今帰仁城跡

美ら海水族館

見どころ

世界最大級を誇る「美ら海水族館」をはじめ、琉球王朝ゆかりの地、万座毛や今帰仁城跡を巡ります。30種類以上から選べるセレクトランチバイキングが付いています。

  • 出発時間/8:45発
  • 料金/(大人)5,500円(子供)3,300円
  • 所要時間/9時間30分
  • ※こちらは「沖縄バス」が運行している定期観光バスのコースです。

首里城・戦跡・おきなわワールドコース

首里城

見どころ

世界遺産「首里城公園」をはじめ、世界の恒久平和を願い建てられた「平和祈念公園」、「ひめゆりの塔」を巡ります。「おきなわワールド」では沖縄の歴史・文化・自然をまるごと体感できます

  • 出発時間/9:30発
  • 料金/(大人)4,900円(子供)3,100円
  • 所要時間/7時間30分
  • ※こちらは「那覇バス」が運行している定期観光バスのコースです。
  • ※上記は2019年6月現在の情報です。

anchor

沖縄本島全域を網羅している「路線バス」

沖縄本島の路線バスは、ほぼ全域を網羅しているため観光にも利用できます。
所要時間や乗り換え情報の詳細は各バス会社へお問い合わせください。スマホ用アプリが便利な本島路線バス総合案内システム「バスなび沖縄」からもご確認頂けます。

那覇空港、那覇バスターミナル、名護バスターミナル、糸満バスターミナルから路線バスで行ける「主な観光地(停車バス停)」を紹介します。

高速路線バス

観光地に行ける路線バス

  • ※上記は2019年6月現在の情報です。

anchor

道路の混雑を避けるなら「高速船」

交通渋滞を気にせず沖縄本島中北部にアクセスしたいなら「高速船」がおすすめ。県内有数の景勝地である残波岬や万座毛など本島西海岸の景色が海から見られる楽しみがあります。

  • ※運航期間は4月~11月中旬です。

海からぐるっとExpress

【経由便】

那覇~北谷~恩納~本部
  • 【便数】1日往復2便
  • 【料金・所要時間】
  • ・北谷フィッシャリーナ:900円/約25分
  • ・恩納村サンマリーナ:1,500円/約1時間25分
  • ・渡久地港(本部):2,500円/約2時間20分

【北谷便】

那覇~北谷
  • 【便数】1日往復1便
  • 【料金・所要時間】
  • ・北谷フィッシャリーナ:900円/約25分
  • ※上記は2019年6月現在の情報です。
  • ※那覇港からの料金です。

anchor

お問い合わせ先一覧

会社のお問い合わせ先

会社名 取扱い お問い合わせ先
(一社)沖縄県バス協会 路線バス・観光バス 098-867-2316
(株)琉球バス交通 路線バス・観光バス

(路線バス)098-851-4384

(観光バス)098-852-2520

沖縄バス(株) 路線バス・観光バス・
空港リムジンバス

(路線バス)098-862-6737

(観光バス)098-867-3383

(空港リムジンバス)098-869-3301

那覇バス(株) 路線バス・観光バス

(路線バス)098-851-4384

(観光バス)098-868-3750

東陽バス(株) 路線バス・観光バス

(路線バス)098-947-1040

(観光バス)098-850-8110

中部観光バス(株) 観光バス 098-937-7858
(株)北部観光バス 観光バス 0980-54-5888
やんばる急行バス 観光バス 0980-56-5760
沖縄エアポートシャトル 観光バス 098-996-3539
(有)カリー観光バス 観光バス 098-856-8955
沖縄 Hip-Hop Bus(ジャンボツアーズ) 観光バス 098-917-5575
ゆいバス(結) 観光バス 098-840-3161
美ら島観光バス(美ら島) 観光バス 098-840-3909
沖東交通グループ 観光バス 098-946-5654
(株)ロケーションファースト 観光バス 098-898-4101
ハイウェイ沖縄 観光バス 098-856-4991
おろくバス(小禄運輸) 観光バス 098-988-9292
第一マリンサービス(株) 高速船 098-860-0152
  • ※上記は2019年6月現在の情報です。

沖縄の交通アクセス情報

本島のアクセス・移動手段
国内から沖縄本島へ 海外から沖縄本島へ モノレール バス タクシー レンタカー 高速道路料金 レンタサイクル・レンタルバイク
離島のアクセス・移動手段
八重山諸島(石垣島・竹富島・小浜島・西表島・波照間・与那国島・黒島・鳩間島) 宮古諸島(宮古島・池間島・来間島・伊良部島・下地島・多良間島) 慶良間諸島(渡嘉敷島・座間味島・阿嘉島・慶留間島) 久米島周辺の離島(久米島・渡名喜島・粟国島) 本島北部周辺の離島(伊江島・水納島・伊平屋島・伊是名島) 本島中南部周辺の離島(津堅島・久高島・北大東島・南大東島)
沖縄の空路・海路アクセス情報一覧
航空会社一覧 空港一覧 船舶会社一覧 港一覧

ページをシェアする